経済成長に繋がる歯科医療政策には何が

経済財政諮問会議では、経済成長戦略としてまず三つの分野について集中審議を始め、その中に「健康寿命」があります。従来の医療費抑制というマイナスの発想から、医療も経済政策の中に積極的に組み入れようとする考え方に変化しています。

既に一昨日の会議では、民間議員、厚労省、経産省、総務省から夫々の提案がなされています。
厚労省では、健康長寿・新経済成長戦略ー新たな成長市場の創出ーとして、現状での公的医療・介護サービス市場385万人、規模41兆円を2025年には、670万人、規模90兆円の公的サービス市場として、新たな産業・市場と雇用の創出を唱えています。

残念ながら私が見た中では、歯科に対しての具体的な施策は掲げられてはいませんでしたが、経済成長に繋がる社会保障政策が求めれるこの状況を考えると、医療という社会保障からだけでなく、この視点からも歯科医療について歯科界内で検討することが必要になってきたようです。
by kura0412 | 2009-03-05 13:21 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412