警視庁のパソコンにもウイルス感染

警視庁は23日、庁内ネットワークに接続していた業務用パソコン数十台がウイルスに感染して不具合が発生、警察署で行っている車庫証明の発行などオンライン業務の一部を停止したことを明らかにした。復旧を急ぐとともに感染経路などを調べている。
同庁情報管理課によると、22日午後、パソコン数台の感染が判明。23日朝に感染が拡大したため、同日午前からオンライン業務の一部を停止し、車庫証明などの書類を手書きで作成するなどして対応した。
ウイルスはUSBメモリーなどを通じて庁内ネットワークに侵入、拡散したとみられる。庁内ネットワークは外部に接続しておらず、情報流出の恐れはないという。

【NIIKEI NET】



PCネットワークのウイルス感染を防ぐに完全はありません。そして、そのネットワークが広くなり、一元化すればするほど、狙われやすく、また被害は甚大となります。
まして、個人情報の中でも、生命という一番大切しなければいけない部分です。利便性を優先することへ危惧を改めて感じます。
by kura0412 | 2009-01-24 09:32 | 歯科医療政策 | Comments(0)