突如としての確認試験実施の案内

先日届いた支払い基金と国保連合会からの、レセプト電算処理歯科システムに係る確認試験の実施についてのお知らせの案内は、どうゆうことなのでしょうか?

現在その完全実施について日歯も反対の意向をして、我々の感覚ではその実現は未定という印象をもっていながら、この3月請求から試験的とはいえ実施の案内が突如として送られてきたことに困惑されている先生方も多いと思います。

果たしてどんな反応を示すか、示さなければいけないのか、今の所分かりません。
Commented by くま at 2009-01-13 18:37 x
現在のところ、日本全国、申請は全くありませんです(笑)。
最近の厚労省の言い方では、「オンライン請求は義務だが、各医院がPC用意しなければならないなんてひと言も言ってないよ〜。」です。信用のおける請求事務第三者機関として歯科医師会をあげているのですが、歯科医師会がシステムが整えば、各医院からの紙請求を歯科医師会宛に変えるだけということも、大いにあるのでしょう。
なんだかなぁ〜、、と言う感じです。
by kura0412 | 2009-01-13 18:12 | 歯科医療政策 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412