また現場で混乱

後期高齢者医療制度、未納が続出 督促で混乱

4月に始まった後期高齢者医療制度を巡り、高齢者が行政への不信感を強めている。年金からの保険料天引きを15日から始める5都道県の一部自治体で半年分の保険料未納者が続出。突然「督促状」を受け取った高齢者が役所の窓口に殺到する騒ぎが各地で起きた。「制度が難解で分からない」という高齢者に対し行政は「きちんと周知している」。両者の溝は深まるばかりだ。
後期高齢者医療制度導入に伴い、全国の大半の自治体は4月、保険料徴収を年金からの天引きで始めたが、東京都や神奈川県などの29市区町村は「準備が間に合わない」などの理由で10月15日に延期。この間の保険料は7月以降、高齢者が金融機関などで直接納める必要がある。

【NIKKI NET・16:00】


またですか?どうなっているのでしょうか?
事務的なシュミレーションを厚労省も、各地方自治体もやっていなかったのでしょうか?
この混乱が、国民にこの制度そのものを否定するきっかけを作ります。
by kura0412 | 2008-10-14 17:08 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412