読売一面トップ

今日の読売新聞朝刊は一面トップ扱いで、またまた日歯という文字が入っています。
読売の一面トップに載るというのは、事件のレベルとしても、それなりに大きな意味があるわけです。一億献金に関しては、既に、日歯関係から手を離れて、政局問題へと移行しつつあります。
まだまだいろいろ出てきそうな一連の事件ですが、少し、その内容を吟味、問題の整理をし、歯科界内部で解決が迫られている問題を、順序を付け、事件の推移とは別に解決していかないと、事件の結果を待っているだけでは、更に、状況が悪化するばかりのようです。
しかし、この一連の事件が、全国紙トップを飾ったのは、もう何度になるでしょうか?
by kura0412 | 2004-07-26 11:39 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412