経験的に感じる四川地震の被災地への心配

既に死者だけでも6万人を超えた四川大地震、テレビのニュースの画面だけ観ても直接的な地震被害以外に、これから更にその被害が拡大しそうな感じがします。そして私が一番心配するのが被災地での公衆衛生環境の悪化です。

私が4年前の中越地震の被災で一番辛かったのは、食べ物よりもトイレの問題と風呂に入れないことでした。
それでもトイレは簡易便所は直ぐ設置され、水を確保して何とか自宅で何とかなりました。風呂も自衛隊が風呂場を作ってくれ、私も1週間程の我慢で済みました。寝る場所もテント生活を強いられ人でも、水がテントの中に入ったりすることはありませんでした。そして、避難所においては、感染症予防の為に可能な限りの対策は講じられていました。

しかし今回は、このままでは感染症が蔓延して二次的な被害が起きそうそうな雰囲気です。そして口腔内の悪化も非常に危惧しています。
by kura0412 | 2008-05-26 14:34 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412