「政府管掌健康保険支援特別法案」

シーリングにかけられた2200億円削減をクリアする為に決まった、政管健保の国庫補助を健保組合などが肩代わりすることは、「政府管掌健康保険支援特別法案」となって国会の議決が必要でした。
しかしながらこの法案は、このねじれた国会情勢の結果、民主党内では反対意見が多い中、衆議院では審議入りすらされていません。
また、衆議院の三分の二の再可決を狙うならば、明日までに衆議院を通過させなかえればならず、会期延長しなければ、ます本国会でのそれを使うことも出来ません。

となると、与野党対立する重要法案の一つです。果たして民主党がこれにどう対抗、対案を出すか?既に新たな改定点数で臨床現場は進んでいます。
by kura0412 | 2008-04-15 12:00 | 歯科 | Comments(0)