診療報酬オンライン請求5月開始

5月開始の診療報酬オンライン請求、病院など4000機関参加

今年5月から本格的に始まる診療報酬のオンライン請求制度に、医療機関や調剤薬局、健康保険組合など約4000の法人・団体が参加することが分かった。これらの法人・団体は5月以降、診療報酬明細書(レセプト)を紙ではなく、電子情報としてやり取りする。事務作業の軽減、間違いや不正の早期発見が期待できるため、将来的には医療全体の効率化につながりそうだ。
レセプトには患者の氏名や病名、診療報酬の基になる点数などが記されており、まだ紙が多い。病院などはレセプトを審査機関の社会保険診療報酬支払基金に郵送。基金は審査後に健保組合にレセプトを送り、健保組合はこれを確認して代金を振り込んでいる。


【日経新聞:08年3月25日】


この記事の他に、「支払基金は歯医者用のオンライン請求システムも08年度末までには稼動させる予定。」ともあります。

義務化は11年の予定です。しかし、歯科は未だ電子媒体でのオンライン請求は一件もありません。また、そのシステムの構築も、先日、日歯からこの考えについて改めて見解が発表されたばかりです。
まさか、歯科を置き去りにしてこのまま突っ走ることはないと思いますが?
Commented by 累卵 at 2008-03-25 14:53 x
 診療報酬のオンライン請求義務化は、経費削減、間違いや不正の早期発見だけが目的ではありません。
 韓国では、電子化が進んでいて、単にレセプト請求の効率化ということだけではなくて、医療の質の向上という観点でいろいろな成果を上げていると聞きます。
 一方わが国では、例えば心筋梗塞で入院して無事退院できる割合が何%なのかという全国的な公式データはありません。
 今後は、オンライン請求義務化によるレセプト情報のデータベース化、疫学的な活用による予防医療等の推進、国民の健康増進等にも期待したいと思います。
Commented by kura0412 at 2008-03-25 15:39
韓国と日本の医療制度とは全く異なりながら、韓国の例に倣うことに疑問を感じています。韓国の実態をもう少し調べてみます。
Commented by no name at 2008-03-25 15:53 x
韓国のレセオンライン化に関しては西山孝之氏が詳しいです。
以下のHPを見て下さい。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/yuhan/index1.htm

はじめの赤字で書かれた部分が全てを表しているかもしれません。
Commented by 累卵 at 2008-03-25 19:08 x
 60歳以上では不安を抱いている人もいますが、50歳以下の会員でオンライン化に対応できないとか反対している人は殆どいないのが実感です。
 積極的に反対している人は、現在の方式でメリットのある人達、例えば、一部の社保担当者や審査委員、レセコン業者と関係の深い人達などではないでしょうか。
 曖昧なローカルルール等が余分な仕事と役職を維持する構図から、全国一律の基準で審査・査定することで「標準的な医療」から大きく逸脱する過剰な支払いを抑制するシステム構築を望むほうが自然です。
 反対派は、「医療の標準化により次第に医師の裁量権は事実上制限され、同時に保険者の立場を強化することとなる。また、セキュリティーの確保も大きな課題であり、医療機関のコスト負担で保険者側の業務軽減と審査強化が図られる構図である」と主張していますが、如何なものでしょうか。
Commented by ハンナ・ミーズ at 2008-03-28 17:02 x
累卵さんにお聞きしたいことがあるのですが、どこに書き込みをしたらいいのでしょうか。 kura0412 さんには申し訳ありません。
by kura0412 | 2008-03-25 14:07 | 歯科 | Comments(5)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412