抜本的改善ー初の人口自然減から

今朝のニュースで日本の人口が初めて自然減となったとのこと。このことは数字を見るまでもなく、検診などを通じても少子化が著明になっている実感はあります。
しかし、丁度私の子供が大学進学で、経済的に大変な状態を体験すると、若い人が子供を作るということにためらいをもつことも分かるような気がします。
そこには昔あった、子孫を残す、家系を絶やさないとう一種の種を残すことよりも、生活第一主義の考え方が優先して、現代社会の根本的な考えの変化があります。
これでは、政策的にどれだけ子育て支援をしたとしても抜本的な改善にはなりません。

抜本的な改善、このことは歯科界にも同じ課題として残っています。
by kura0412 | 2008-03-22 09:28 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412