政局の影響だけではなく

揮発税の暫定成立の延長が非常に厳しい状況になってきました。その打開策として、福田首相は来年度以降に一般財源化も視野にいれたとの報道が流れています。
無論、これにだけで、あくまでも暫定税率の廃止も主張する民主党が合意するか、また、自民党内の道路族からも反発必至です。

しかし、そんな簡単にはいかないとは思いますが、もし一般財源が実現化となれば、医療、歯科界にとってはプラスの作用に働くこともありそうです。政局の動向と合わせて暫定税率の行へは歯科界にも影響があります。
by kura0412 | 2008-03-21 17:42 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412