歯科界が背負う社会全体への責任へ

日歯連の事件が発端となり、その波紋政局にも影響を及ぼす可能性まで発展?そんな想像も出来るような、もの凄い状況になってきました。
2月2日の一連の事件が勃発して以来、各マスコミが取材で得た、それぞれの事件を、まるで在庫一掃セールをやってるがのごとく、これでもか、これでもかの報道合戦です。
もう、マスコミ、社会の眼は、歯科界内部から、政治の世界、社会全体へ移っています。
それは、日本の歯科界が社会を大きく混乱さ、われわれだけでは簡単に償えない、大きな傷を日本の社会に与えたことを意味します。
by kura0412 | 2004-07-17 10:49 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412