年間50万円の収入減

昨日の中医協での決定で、急性期300床病院は年間5000億円の増収、一方診療所1施設当たり年間50万円の収入減となる試算を示したとの報道です。

経営的基盤は医科と歯科は随分違いいますが痛いでしょうね。
でも、また領域広げてそれをカバー、いや、これをきっかけにしてプラスへ持ち込むのだと思います。
Commented by 累卵 at 2008-01-31 10:54 x
平成20年度診療報酬改定について
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/01/dl/s0130-11j.pdf
P68~P103に歯科医療関係が掲載されていますが、新設項目や「先進医療の保険導入」、「新規医療時術の保険導入」などだけでも、プラス改定分で足りるのでしょうか?
加えて、「歯科固有技術に関する評価の見直し」では、73項目にわたる保険点数が20年間も据え置かれていると指摘された抜歯などの評価の引き上げがあります。

名を捨てて(=引き下げ項目も容認し)実が取れることを期待します。
Commented by 累卵 at 2008-02-02 14:57 x
2月1日の中医協で
後期高齢者終末期相談支援料が「月1回→1回に限る」
「デジタル映像加算の評価引き下げ」
「支台築造の評価の引き上げ」など

中央社会保険医療協議会総会平成20年2月1日資料
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/02/s0201-5.html
by kura0412 | 2008-01-31 10:28 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412