こんな事例まで出てきました

賃金5カ月払わず 歯科医を書類送検 彦根労基署

彦根労働基準監督署は10日、雇用者3人の賃金5カ月分計288万円を所定の支払日に支払わなかった労働基準法違反の疑いで、滋賀県彦根市在住の男性歯科医院長(53)を書類送検した。
調べでは、院長は2005年11月-06年3月の間、豊郷町内で営む歯科医院の資金繰りが悪化したため、同院で雇用していた20代の男女3人に、それぞれ76万5000-111万5000円の賃金を所定日に支払わなかった疑い。
所定日以降になって、288万円の半分程度は支払われたという。

【京都新聞:08・1・10】



その詳細、その理由まではこの報道だけでは分かりませんが、技工所、材料店未払いだけでなくこんな事例もついに出てきました。
Commented by 開業歯科医 at 2008-01-11 14:52 x
同業者として身につまされますね。
53歳。子供さんがいたとしたら、一番お金がかかる頃です。
288万円の半分程度・・・苦しい台所を察します。
従業員に辞めてもらえば、診療できない。
診療しても、従業員に給与が払えない。
辛いですね。
Commented by kura0412 at 2008-01-11 17:03
先生の仰る通りで、これをみた時、人事とは感じず次はわが身と正直思いました。
by kura0412 | 2008-01-11 13:28 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412