今回の改定率の決定を民主党はどう反論するか

揮発油税の行くへが非常に気になる展開になってきました。
その延長を民主党は反対しており、このままならば暫定税率の効力が切れる3月で法律効力が切れ、高騰続くガソリンはリッター当たり約25円安くなると共に、道路財源の1.4兆円がなくなる計算だそうです。
自民党、民主党いずれも自己の主張を貫くだけで相手の意見を相容れない様子ですので、落し所見つける気はあるのでしょうか?

しかし、これだけ何事も政府に対立軸を見出す民主党は、何故、今回の改定率決定に対してはコメント出さないのでしょうか?よく分かりません?

ここで医療の総枠を増やすことを公言すれば、消費税増税とミックスして大きな争点になるはずなのですが??
by kura0412 | 2007-12-25 15:27 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412