これも蚊帳の外

医科の病院勤務医への手当てを厚くするという考えで、開業医の再診料を下げ病院勤務医を上げるという議論が中医協に出ていました。
(現状では、開業医の下げはなくなり勤務医を上げる雰囲気ですが)

その勤務医の再診料は57点。開業医は71点だそうです。
ならば38点の歯科はどうゆう理屈で据え置かれようとし、議論にも挙がらないのでしょうか?

この問題は医科歯科格差の象徴です。これもまた蚊帳の外です。
Commented by 累卵 at 2007-12-15 10:53 x
14日の経済財政諮問会議で「日本経済の進路と戦略(原案)」を了承しました。
第4章の「安心と信頼のできる財政、社会保障、行政の構築に向けて」の②医療・介護では、勤務医と開業医の格差是正などを掲げています。(歯科は蚊帳の外?)

医療費等について、サービスの質の維持・向上を図りつつ、効率化によるコスト削減努力を行うため、「医療・介護サービスの質向上・効率化プログラム」に定めた目標の実現に向けて、以下のように、実効性のある改革の取組を進める。
Commented by 累卵 at 2007-12-15 10:53 x
i)病院・診療所で働く医師の間の格差是正、病院・診療所・介護施設の役割分担
  病院・診療所で働く医師の間の格差是正、病院・診療所・介護施設の役割の明確化とそれに応じた報酬のメリハリ付け
ⅱ)医療介護従事者の役割・養成システムの見直し
  医師・看護師等の役割分担の見直し、総合的診療能力を持つ医師の育成
ⅲ)後発医薬品の使用促進、IT化の推進等
  後発医薬品の使用促進、重複検査の是正、診療報酬の包括化の推進、レセプト・オンライン化の着実な実施、社会保障カード(仮称)の導入
ⅳ)医師確保対策など地域医療提供体制の整備 
Ⅴ)公立病院の再編・効率化
by kura0412 | 2007-12-14 16:08 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412