これで終わりか、それとも更に積み重ねがあるのか

治療などの診療報酬、8年ぶり増額 0.1%増で調整 
2007年12月12日07時39分

政府は11日、08年度予算編成の焦点となっていた診療報酬改定で、薬価改定分を除く治療などの「本体部分」を引き上げる方向で検討に入った。引き上げ幅は0.1%を軸に調整しており、8年ぶりの増額改定となる。過疎地での医師不足などが指摘されるなか、次期衆院選をにらみ、医療問題に積極的に取り組む姿勢をアピールする狙いがありそうだ。
診療報酬は、手術や検査などの「本体部分」と、薬価などで構成。ほぼ2年ごとに見直されており、08年度は改定時期にあたる。今回増額される方向になったのは、医師の収入に直結する「本体部分」。0.1%増には、80億円程度の財源が必要になる見通しで、財務省と厚生労働省は財源をどう捻出(ねんしゅつ)するのかについて検討に入った。ただ、与党には引き上げ幅拡大を求める声もあり、必要となる財源が膨らむ可能性も消えていない。
医療費をめぐっては、小泉政権が患者の自己負担増と保険料の引き上げ、医療機関の収入抑制の「三方一両損」が必要だと主張。02年度には診療報酬本体部分について1.3%減と初のマイナス改定に切り込んだ。04年度には据え置いたが、06年度には再び1.36%の減額改定を実施した。今回引き上げられると、00年度に1.9%増額されて以来となる。
医療費は税金や保険料、患者負担で賄われているため、診療報酬の引き下げは全体として国民の負担減につながる。ただ、医療現場からは診療報酬の引き下げで地域の医療機関が疲弊しているとして「現在の医療崩壊の最大の原因になっている」との声が出ていた。
診療報酬について、財務省は引き下げを求めてきた。08年度予算編成の大枠を示す概算要求基準(シーリング)で、医療費を含めた社会保障費について2200億円の抑制が決められたからだ。
これに対し厚労省は診療報酬のもう一つの柱である薬価を市場価格に応じて1%程度引き下げることや、中小企業向けの政府管掌健康保険への国庫負担を、大企業の健康保険組合に肩代わりしてもらうことで調整。シーリングを達成できる見通しがついたと判断し、診療報酬本体を増額することにした。

 《診療報酬》 病院や診療所が提供した医療サービスに対して、医療保険制度に基づいて支払われる報酬をいう。治療内容に応じて、報酬額の基礎となる点数が細かく定められている。治療に対して支払われる本体部分と、薬などに対して払われる部分に分かれる。
ほぼ2年ごとに行われる診療報酬改定で、総額が決められ、それに応じて点数の配分が決まる。

【朝日新聞:2007年12月12日】


今回0.1上げてプラス改定という名目を取られ、次回はまたマイナス改定を強いられるのでしょうか?
Commented by 累卵 at 2007-12-12 11:52 x
 昨日、日本経団連が発表した2008年の政党の政策評価の尺度となる「優先政策事項」に10項目の「当面の優先政策」があり、その二番目に、「将来不安を払拭するための社会保障制度の一体的改革と少子化対策」があります。

・医療の効率化・合理化に向けて、在院日数の短縮、医療の標準化、後発医薬品の使用促進等を実施する。
・診療報酬については包括化を促進しつつ、真に必要な部分に重点的に配分するよう改める。
・「混合診療」の解禁など医療保険における官民の役割分担を見直す。
・ICT(情報通信技術)を活用し、医療の透明化・効率化を進め、医療制度の利便性を高める。

 診療報酬の本体部分の引き上げが今までどおりの配分で行われるのか、それとも「真に必要な部分に重点的に配分するよう改める」のか・・・・・

国民が真に必要とする医療とは、厚労省が先月22日に社保審医療部会に示した内容だと思います。
真に必要とする医療には個別に診療報酬の引上げは必要と思います。病院と診療所の経営状況に格差が生じている状況下で、診療報酬を一律に引き上げることは、ますます格差が広がることになるのではないでしょうか。
by kura0412 | 2007-12-12 10:46 | 歯科 | Comments(1)