それだけの発言をするのならば、せめて発言の場を与えてほしい

中医協での歯科に対しての論議の中で、委員から
「補綴物維持と聞いても難しくて意味が分からない。患者の視点を重視するなら、まずここから始めるべきだ」
「産業界では安全管理のコストは企業努力の問題。点数を付けないと安全管理をしないというのでは困る」
という発言があり、意見がまとまらなかったとの報道をみました。

正直、目を疑うような発言です。

今までは、中医協委員でありながら、意味が分からないまま審議に参加し、点数配分を承認していたのでしょうか?
コスト削減するにも程があることを理解しての発言でしょうか?

何歩か譲って、もし、もっとl詳しく説明せよといならば、歯科の知識の浅い委員にも理解が得られるほどの、歯科に関しての中医協で議論する時間を与えてくれるのでしょか?

われわれ歯科界に属する者は、この決定によって日本の歯科医療を掌り、そして、家族も養って生きています。
Commented by くま at 2007-12-10 15:50 x
このあいだこの話をきいてむかむかしましたが、、基本的に米国かぶれの産業界出の人やそれに感化されている人は、医療は産業と思ってますからこんな事平気で言うんでしょうね。日本の医療は産業じゃないでしょ。社会保障でしょ、と胸を張ってケンカできる人はいないんですか、先生(笑)。
Commented by no name at 2007-12-11 00:32 x
アリャッ!くまさんも出現!
発言者が彼であることからすると、上手に説明しないと、前改定の時の、P処と同様の道を辿ることも予想されます(もう狙われているわけで、点数下げに傾きかけているように思います)。

それとは別に、診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会での新規技術の評価で、2次評価へ進んだものの中に「インプラント義歯」があります。これは既に昭和61年から(高度)先進医療、その後は評価療養に入っている項目ですので、先進医療専門家会議での審議となるのでしょうが、今回の改定に向けて学会からの要望にこれを入れるべきであったのか疑問に思います。財源的に無理としても、施設基準、専門医との兼ね合いで、インプラント治療に規制をかけることが可能になるわけですから。
by kura0412 | 2007-12-10 13:37 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412