「混合診療」禁止は違法、東京地裁が国側敗訴の判決

健康保険が使える診療(保険診療)に上乗せして保険外の診療(自由診療)を受けた場合、保険診療分まで全額患者負担になるのは不当だとして、神奈川県内のがん患者が、国を相手取り、保険を受ける権利があることの確認を求めた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。
定塚誠裁判長は、保険診療と自由診療を併用する「混合診療」を原則禁止している国の政策について、「混合診療を禁止する法的な根拠はない」と述べ、原告に保険診療分の受給権があることを認め、国側敗訴の判決を言い渡した。
日本の健康保険制度の前提となってきた混合診療の原則禁止を違法とした初めての司法判断で、厚生労働省は法改正を含め保険制度の見直しを迫られそうだ。
(2007年11月7日15時16分 読売新聞)


この判決は今後歯科にもかなり影響を及ぼすかもしれません。
Commented by 累卵 at 2007-11-07 17:12 x
判決で、裁判長は「併用することで、保険が適用される診療も含め、すべての費用を患者の負担にするのは法律の根拠がなく誤りだ。保険を適用するかどうかは個別の診療ごとに判断するべきだ」と指摘し、混合診療を認めない国の政策を違法とする初めての判断を示しました。
一方、厚生労働省は「混合診療の取り扱いに関する目的の合理性と制度の妥当性について主張してきましたが、この主張が認められず、きわめて厳しい判決であると考えています。今後の対応については判決の内容を検討し、関係機関と協議のうえ速やかに決定したい」という談話を出しました。
判決は国の政策を誤りとしたうえで、患者がさまざまな治療を受けやすくすることに道を開くもので、今後、大きな波紋を広げそうですが、日医は、すべての国民を等しく保険で支える制度の崩壊につながるとして強く反対しています。
日歯には日医に遠慮することなく、国民の立場での素早い対応を期待します。
Commented by 累卵 at 2007-11-07 17:15 x
成熟した自由主義経済下では、支払う金額に応じてサービスに差がある方が公平ですし、医療技術などの進歩も格段に進むと思います。今行われている護送船団方式の医療・医療制度は開業医のための医療制度であり、今や国民が信頼し必要としている医療を提供する障害になっています。
保険財政破綻の前に護送船団方式の医療制度を改め、国民個々に「真に必要とする医療」を提供できる医療制度を構築すべきと思います。
 混合診療の導入など医療に市場原理を導入することにより、医療に競争原理が働き、医師には患者に選ばれるため日々の努力が必要となり、日進月歩の医学・医療を学ぶ医師が増え、わが国の医療水準向上に繋がると考えます。
公的医療保険の意義が所得の低い人や病気がちの人も安心できることであることを前提として、今の診療報酬をより学問的、合理的に大幅に改善した上で、当面は患者が正しく評価・選択できる領域や予防医療を一定水準以上の医療機関を対象として混合診療を解禁すれば、安全性などの確保は担保されると考えます。
by kura0412 | 2007-11-07 16:46 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412