歯科の引き上げ要望コストの内訳は

日医が診療報酬改定に向けて医科の医療費ベースで5.7%引き上げを厚労大臣に要望したとの報道です。

引き上げ額1兆4500億円、消費税で充足すると約0.5%位でしょうが、それは今回は無理な論理ですので、保険者間の保険料率の調整や標準報酬月額上限の引き上げ、独立行政法人の運営費交付金の見直しなどの財源にまで言及しています。

その引き上げ要望コストの内訳として、
1・地域医療を支える為のコスト、2・国民の安心を守る為のコスト、3・医療の質を確保する為のコストとしています。

日歯も同様な数字を出して要望する準備を進めていると思いますが、
では、医科と歯科の収支差額が半分になったにも係らず、収支差額比が更にマイナス9%減の歯科は、どんな数字の要望を提示するかに注目が集まります。

実際は明細なデーターに基づく提示は当然ながら、歯科界全体の気持ちの引き上げ要望コストの内訳ははっきりしています。それは、日本の歯科医療を崩壊させない為のコストです。
by kura0412 | 2007-11-01 15:45 | 歯科 | Comments(0)