4つの保険を一つのカードに

12月をめどに社保カードの基本構想が厚労省の検討会でとりまとめられます。

年金、医療、介護、雇用各保険を1枚のカードにし、将来的にはICカードで自分の医療情報を見られるようにするなどの考えもあるようです。

この4つ、いずれも似ているようであっても全く違う保険です。
敢えて共通項を見出すとするならば、いずれもあの厚労省の管轄下ということだけです。

確か、社保庁の問題の事の発端は、基礎年金番号導入だったのでは?
Commented by 千葉県 池田 at 2007-09-28 17:12 x
国の目的は国民個々の社会保障情報が入った「電子ロッカー」ですね。その手始めですよ、きっと。

医療に関した情報は遺伝情報、医療に関してのすべて統一記録されたカルテが入っていて、それは国と本人しか見られないとされていますが、これを民間使用されると、遺伝情報から民間保険に入れない人も出てきます。個人情報の取り扱いがあらためて問われるでしょう。
もう始まっちゃうんですね・・・。
by kura0412 | 2007-09-28 14:06 | 歯科 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412