歯科診療所の概念を変える導火線になるかも・埼玉県歯の100周年事業

歯科医院すべてにAED 県歯科医師会が100周年事業 09年4月までに2300台
 
埼玉県歯科医師会(井坂義昭会長)は二日、創立百周年を記念し、全会員の歯科医院約二千三百カ所にAED(自動体外式除細動器)を設置すると発表した。歯科医師らが講習を受けるのを待って、二〇〇九年四月ごろまでに順次整備していく。同会は「『埼玉の歯科医に行けばAEDがある』と認識してもらえる存在になりたい」と話している。
同会は「(全歯科医院にAEDを設置するのは)全国の歯科医師会で初めてではないか」と話している。
同会は一九〇八年に創立し来年百周年を迎える。記念事業として同会は、約四億円かけてAEDを購入し、今年十一月から無償貸与することを決めた。歯科医師はAED講習を受け、救急救命の技術を向上させるという。通行人にも分かるようにそれぞれの医療機関が、AED設置場所であることを示す掲示をする予定だ。
県は今月から設置場所を携帯電話やパソコンから検索できるシステムをスタートさせている。同会は県に情報提供をしながら、設置場所を周知する考えだ。
井坂会長は「決まりきった式典ではなく、社会貢献するような事業にしたかった」と話している。県薬務課によると、昨年十一月現在、県内にAEDは三千百三十二台。一〇年までに八千五百台にする目標を立てている。

【07年8月3日:WEB埼玉ホーム】


このブログでも予てから、コンビ二よりも数の多くなった歯科診療所を逆にアドバンテージに出来ないものかと唱え、AEDの設置も一つの手段になると考えていました。
ただ、その費用を考える、実行となると二の足を踏むのが正直なところです。
それを今回埼玉県歯は100周年という記念事業の一環として実行するようです。
この事業の結果がどうなるか?かなり注目しています。上手くいけば、歯科診療所の概念を変える導火線になるかもしれません。
by kura0412 | 2007-08-04 09:10 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412