社会保障の財源問題が政局の動向と一対に

選挙終わっての大きな政治課題となる社会保障の財源問題が、参議院選挙での自民党の大敗、衆参両議院のねっじれ現象で、更にその行方が読めません。

特に、今のところ小沢民主党が政府提案に対して絶えず対案、あるいは反対を唱えて、落とし処を見つけ出すような結果にならず混乱必至で、また、その混乱を狙って衆議院解散を狙っています。

当然、この結果はわれわれ歯科医療にも直に関わる問題であるだけに、この議論がどう進むのか、進まないのかを政局の動向と共に絶えず注視しなければいけない状況です。
by kura0412 | 2007-08-03 16:31 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412