歯科の取り扱う対象の変化も表す

その明細までは確認していませんが、今回の地震でも歯科が担う仕事は、これから続く被災民への息の長いアプローチです。
これは避難所生活、また仮設住宅、そしてその後数年は続く中でのアプローチです。

このことは歯科の取り扱う対象が、従来の急性疾患から、慢性疾患、また疾病から生活密着へ変化している表れでもあります。
by kura0412 | 2007-07-18 16:36 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412