モンスターペアレント

自分の子供を子供と思わない親がいると思ったら、今度は学校に理不尽なクレームをつける「モンスターペアレント」と呼ばれる親たちの存在がクローズアップされています。
そのクレーム親の記事が今朝の日経にあり、そのクレームの中に、
子供にかすり傷一つつけないように契約書を書いてほしい。
本当は同級生に割り箸でいたずらされた程度なのに、大木で殴られたと慰謝料を請求してきた。
など、日頃の歯科診療でも遭遇するかもしれないような事例がありました。

小児の診療で親への説明は必須なのは当然ですが、ここまでなくても?を感じる事例を既に経験されたいる先生方も少なくないはずです。
インフォームドコンセントの一言ではかたずけられない時代の到来です。
by kura0412 | 2007-06-25 16:37 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412