千載一隅のチャンス

今朝の日経のインタビュー記事で、全国社会保険労務士会連合会会長が、2万人会員が無償で年金相談に応じ、社労士が専門知識をいかせば余裕で1年間で5000万件照合は可能とありました。

まさに、社労士が社会に貢献し、世に認められる千載一隅のチャンスです。
ここまでインパクトはなくても、歯科医師も必ずこんな機会はあるでしょうし、作ることも可能なはずです。
by kura0412 | 2007-06-17 13:53 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412