オンライン請求の期限は努力目標ではなく義務である!?

規制改革会議の第一次答申原案が明らかになったとの報道がありました。
そして同会議は、質の高い医療を提供する為、医療のIT化を重要課題に据え、とりわけレセプトの完全オンライン請求の必要性を強調しているとのこです。
その答申の中では、08年度から順次義務化、11年度以降、原則すべての医療機関・薬局にオンライン請求の義務を課している厚労省令を、
オンライン請求の期限は努力目標ではなく義務である。
義務化において現行以上の例外規定を設けない。
義務化の期限以降、オンライン以外の請求に対して診療報酬は支払われない。
の3点を周知徹底することを提案しています。

そして、それと共に、インセンティブとして支払い期間の短縮、診療報酬に加算付けることにより、オンライン請求を促進することも提案しています。

現場の厳しさ分かってない卓上の議論であることをいうまでもありませんが、当然のことながら、そんなことおかまえなしに中央突破してくるはずです。
この議論、歯科ももう少しペースを速めて対応の準備を進めなければならないようです。
Commented by 累卵 at 2007-05-23 23:15 x
保険解釈の所謂ローカルルールやグレーゾーンが多くの都道府県歯社保担当者等の活躍の場と地位の基であり、彼らはレセコンソフトの統一に反対し、一部はレセコン業者との癒着による旨みを享受しているのが実情です。
ですから、彼らはレセオンライン化に反対しています。
もし、レセコンソフトが無償でダウンロードできるようになれば、歯科医師は年間数十万円のリース料が節約でき、レセコン業者は百億円以上の収入を失うことになるのですが、十年以上前から日歯は動こうとしません。

①オンライン請求の期限は努力目標ではなく義務である。②義務化において現行以上の例外規定を設けない。③義務化の期限以降、オンライン以外の請求に対して診療報酬は支払われない。
━以上の3点を周知徹底することを政府の規制改革会議が提案し、例外なく2011年からの完全実施を求めていることを日歯会員に伝えることもありません。

Commented by 累卵 at 2007-05-23 23:17 x
今回の事件により、例外や延期などが認められる道理がないことは自明の事実です。対応の準備を早めるだけでは信頼の回復には繋がりません。一刻も早く日歯自ら、保険ルールの全国統一とオンライン請求を積極的に進めることを公言し、歯科界の信頼回復を図るべきです。さもないと、来年度の診療報酬改定が昨年度以上に厳しいものとなるでしょう。
また、日歯が同窓会組織に支配されているのは事実であり、その要因である現在の指導医療官と審査委員の推薦のあり方を改める必要があると思います。少なくとも、三者構成の審査委員の内、学識経験者代表と保険者代表等は診療報酬を請求している歯科医師は排除すべきと考えます。自ら辞退する賢明な審査委員が現れることを期待します。
by kura0412 | 2007-05-23 09:02 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412