変わってないですね、この業界は

歯科医指導で便宜、社会保険庁技官を収賄容疑で逮捕
 社会保険庁の指導医療官が、出身大学である東京歯科大(千葉市美浜区)のOBの歯科医らに監査や指導で便宜を図る見返りに、同大の同窓会幹部から現金2百数十万円を受け取った疑いが強まり、警視庁捜査2課は16日、栃木社会保険事務局の指導医療官・佐藤春海(はるみ)容疑者(57)を収賄容疑で、同大同窓会副会長で日本歯科医師会前専務理事の内山文博容疑者(66)ら2人を贈賄容疑で逮捕した。

 佐藤容疑者は同窓会側ら総額約1000万円に上る資金提供を受けていたとみられ、捜査2課は、同大の同窓会組織が、歯科医を監督する側とされる側の癒着の温床になっていたとみて追及する。

 ほかに贈賄容疑で逮捕されたのは、内山容疑者とともに同大同窓会副会長を務めている歯科医師の大友好(よしみ)容疑者(73)。

 調べによると、佐藤容疑者は、指導医療官として同庁東京社会保険事務局などに勤務していた2002年~05年、同大OBの歯科医らとの勉強会の場で、社会保険事務局から監査や指導を受けた時の対処法を教えるなどした見返りに、内山、大友両容疑者から現金2百数十万円を受け取った疑い。内山、大友両容疑者は、贈賄罪の時効(3年)にかからない現金数十万円のわいろを佐藤容疑者に渡した疑い。

 佐藤容疑者は東京歯科大出身で歯科医師の資格を持ち、都内で勤務医をしていたこともあったが、1994年4月、同窓会から送り込まれる形で同庁の指導医療官に就任していた。

 全国の社会保険事務局に所属する指導医療官は、医療機関の保険診療が適切かどうか指導や監査を実施する立場にあり、「悪質」と判断すれば、保険医の登録の取り消しを求めるなどの強い権限を持っている。

 佐藤容疑者はその一方で、東京歯科大の非常勤講師も兼務しており、母校の内山容疑者らと定期的に会合を持ち、1回約50万円、総額は1000万円近くの現金を受け取ったほか、飲食の接待もたびたび受けていたという。

 内山容疑者は06年4月から日本歯科医師会の専務理事を務めていたが、今年3月末、「健康上の理由」で辞任していた。

 東京歯科大は、明治時代の私塾から続く国内最古の私立歯科単科大学。卒業生は1万4000人に上り、同窓会は、日本歯科医師会の内部で日大歯学部の同窓会と並ぶ最大派閥の一つ。

(2007年5月16日11時9分 読売新聞)
by kura0412 | 2007-05-16 11:46 | 歯科 | Comments(0)