専門医と総合的に診る医師

日本歯科医学会の分科会である歯科保存学会、補綴歯科学会からの専門医に対しての厚労省からの照会に対して、日歯が了承せず、改めて専門医認定という問題が浮上しています。
また、一方、後期高齢者医療制度の議論の中で浮上してきた「総合的に診る医師」に対しても、養成・認定する制度の検討が広がりをみせ、それに伴って標榜に対しても再検討が図れる動きがあるようです。
一方で細分化して、一方でトータル化するという、ある意味で相反する動きにどう整合性をもって取り組むか?
総合~の方の議論は医科との係わり合いの中での議論が進むだけに、今後のこの議論には注目しなければなりません。
by kura0412 | 2007-04-27 14:31 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412