自動車免許の更新で節目健診の必要性を感じる

お昼休みに運転免許の書き換えに行ってきました。一応、無違反のゴールド免許の為5年ぶりの更新です。
書類手続きと目の検査と30分間のビデオを観て終わりです。
無駄いえば無駄のような感じですが、でもビデオ見たり、配られたテキストをパラパラとめくり読みするだけでの僅かな時間を交通安全に費やすことは、普段意識せず毎日運転している私にとってもそれなりの意義を感じました。

これは健診、特に歯科の健診、節目健診でも同じことがいえると思います。そこに導く為の起爆剤、ステップは何があるでしょうか?
Commented by 累卵 at 2007-04-06 17:21 x
車の運転免許更新は当然必要ですね。
特に、これからの超高齢社会では後期高齢者は毎年適正試験を実施して免許更新を行うべきです。
また、今月から医師・歯科医師免許等の確認が厚労省HPで検索できますが、運転免許についても同様な検索が出来、免停等の情報を得ることが出来れば、無免許などの不正も減るのではないでしょうか。
さて、パイロットは半年ごとの身体検査証明が必要であり、さらに、来年からは、英検2級程度に達しないと国際線を飛べなくなるそうです。
患者の身体・生命を扱う医師・歯科医師免許が一生というのは、如何なものでしょう。
今、国民が真に望むことは、安全で質の高い医療が担保された上での社会保障の充実であり、日進月歩の医学・医療を身につけるためには、米国のように生涯教育の義務化と医師・歯科医師免許更新制度が必要ではないでしょうか。
 さらに、すべての医療従事者に対して生涯にわたる研修制度を整備し、免許更新制度を取り入れることで、今求められている「医療の信頼・安全・安心」が得られると考えます。
Commented by 累卵 at 2007-04-06 17:22 x
米国では、歯科医師が開業を許可されると、州の歯科免許委員会によって定められた周期(だいたい1年から5年)に基づき免許を更新しなければならず、現在46の州では歯科医療職に対し、歯科の生涯教育に参加し、特定の履修時間を獲得することを免許更新の条件としています。
 健診は検診と異なり、学校や行政の集団指導とは別に歯科診療所で個人のリスクに応じ、個人を対象に定期管理を行う必要があります。その定期管理システムなどを生涯教育で普及させることが必要かと思います。
国民の視点からの起爆剤、ステップを述べてみました。
by kura0412 | 2007-04-06 16:25 | 歯科 | Comments(2)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412