歯科は保健分野に区分

介護保険認定審査会委員の名簿を調べていたら、歯科医師の区分が医療分野でなく、保健分野に入っていたことに気づきました。(他の地域では分かりませんが)

この保健分野の中には歯科医師の外に、看護婦、理学療養士、歯科衛生士なども入っており、介護福祉などの福祉分野と医療分野と区分して中間のポジションをまとめてここにいれているのかもしれませんが、これはある意味、歯科のこれから目指す方向を示しているかもしれません。
今まで、行政は実際の介護の現場でそれほど重要視していない歯科の分野でも、この審査会では歯科医師を多く任命し、またその任に就いた先生方は忠実にその役を務めました。そこに現在、後期高齢者医療制度での口腔ケアへの積極的な関わり方が話題になっています。
これを見逃す必要はありません。でもその実際となるとまた別の世界という印象も正直あります。
by kura0412 | 2007-04-05 16:31 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412