医療政策を議論する輪を広げる

予てから、歯科医療の発展には医療技術の他に医療政策の研究が必要と思う中、医科には、日医総研の他に、内閣特別顧問にも就任している黒川清先生が、日本医療政策機構を設立し、医療政策をというものに大きなスポットを当てています。
歯科界にもこのように、もっと政策を勉強し、議論し、研究し、そしてそれを具現化する場の必要性を、ここのところ政策策定のお手伝いをしている中、日に日に感じています。
先日の代議員会で日歯総研設置が決定しましたが、その政策の議論の輪を、インプラントの講習会が盛況であるように、もっともっと幅広い先生方までに広げることが今、最も大切だと感じています。
by kura0412 | 2007-03-22 16:24 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412