まず今の歯科の枠組みを死守すべき

国民医療費における歯科医潦費の割合が10%切ってから久しくなります。先日資料作成の為、そのデーターをみると1990年に10%を切って、04年には7.9%まで落ち込み、介護保険を入れれば6%台ともいわれています。
思えば90年はバブルが終焉を迎える同じ時期です。そのラインを切った理由には、薬価差額による財源の振り分けで歯科は冷遇されていました。しかし、理由はそれだけでなく、その抑制された分を自由診療へ走って帳尻をあわしていた部分もありました。その当時は日本の社会全体がバブルですから、比較的自由診療にもっていけるベースもありました。
その結果、公的保険ベースでは医科全体は著しく上昇しているにも関わらず、歯科の医療費は全く増加しない現象となり現在の状況があるわけです。
そこに、昨日の大阪先生のコメントにもあるように保険外併用療養費、また、後期高齢者医療制度の議論が現在進む中、「延命治療」「急性疾患」「重篤な疾患」というキーワードから外れる歯科は更に、その公的保険の枠の中からはみ出ようとする動きがあります。そして、歯科はそれに追随するかの動きも一部にはあるわけです。
何か過去の過ちを繰り返している流れになろうとしている印象をぬぐい捨てられません。
私は、まず増やす努力を怠らない。そして、万一増えなかったとしても、現在の歯科の枠組みをしっかりと確保し、死守する努力が必要だと思うのです。
その努力なしで、負担が増えるばかりの変形された医療制度、医療費の仕組みを国民は支持するはずがありません。
Commented by 大阪 at 2007-02-22 21:09 x
そうですね。歯科も医科と歩調を合わせて動けるチャンスもタイミングも過去にあったはずなのに、高度な技術やアメニティの部分を「自費」という分野を固定化させる経営を是としてしまった。結果、人口問題・国民の経済状態が悪化した結果(歯科医師過剰問題と相まって)いわゆる「勝手に二階へ上がったのはいいものの気がつけば梯子は外されており蚊帳の外」。それもこれも歯科が自らの業務=存在意義を「社会保障→医療→歯科医療」という視点で認識してこなかった因果応報でしょう。もし我々に生き残る道があるのなら「我々は国民に医療人として何ができるのか」を同じテーブルで話し合うことでしょう。旧来の手法ではもはや無理だと考えます。それが我々の業界として平均所得が下がることに繋がっても。このまま一方的に削減縮小され、その結果国民に提供できる歯科医療の質の低下や業界のモラルハザードや医療を受ける人間の経済状態による格差拡大を招くよりは。
Commented by 累卵 at 2007-02-22 22:08 x
 本日、日医は自民党の社会保障制度調査会医療委員会のヒアリングで、「後期高齢者医療制度創設に関する日医の考え方」を示しました。
 日医の考え方は、「後期高齢者では保険原理は機能しにくいので、保障原理で運営し、公費負担割合を医療費の9割に引上げる」と、自分達の大切な収入源を死守する戦略です。
 日歯には大阪先生も御指摘のように、提供できる歯科医療の質の低下を避けるためにも、まず会員に現在の歯科の枠組みを確保し死守するという決意表明を期待します。
 その上で、国民に支持される新しい医療制度・医療費の仕組みを、日歯独自で作成し、国民と(歯科)医療関係者の意見を取り入れる努力が必要だと思います。
Commented by no name at 2007-02-23 00:17 x
柳沢大臣、カミさんに怒られた(これもヘンないい訳ですが)と言って、「陣痛促進剤の被害について考える会」のメンバーらと面談し、産科被害の実態を聞き、発言について改めて謝罪したとの事。この会のメンバーに中医協委員の勝村氏も入っています。いや、逆ですネ。この活動によって、中医協初の患者代表の委員に任命された訳です。歯科は逆に中医協の委員の椅子を1つ削られます。国も行政も国民、患者の声を聞くと言う姿勢は変わりません。日歯も行政が駄目なら、政治家へ目を向けると言うのではなく、国民、患者さんの声を聞く努力をして貰いたいものです。国民の中には、勿論、現場の歯科医師の声も含まれます。
Commented by 千葉県 池田 at 2007-02-23 19:56 x
中医協委員の歯科枠削減というのは、ひとむかし前ならば、政連のせいだといわれたと思うのですが、どうですか?
これは政連が機能していれば、死守できたのかもしれませんね。誰も何も言わないのは仕方ないという諦めでしょうか?
政連って、機能してないならば・・・
by kura0412 | 2007-02-22 15:59 | 歯科 | Comments(4)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412