う蝕に罹患しても、処分されたり、隔離されることはありません

実は先週からず~と風邪が抜けず困っています。疲れが原因だとは思いますが、カゼ菌もらったのは東京です。そしてそのカゼ菌は家内に移ってしまいました。
感染症の予防も、これだけ人の動きが広範になるとなかなか完全に封印することは難しいのが実際です。
実はその予防に対しては、いろいろな疾患で国の予防に対しての施策も多々ありますが、どの疾患も結核予防に方法が基本だという話を聞いたことがあります。
となると、結核とは違いますから、う蝕、歯周疾患の予防策は独自で考えるのは、疾患の特徴を考えれば当然です。宮崎の鳥インフルエンザのように、全ての鳥を処分したり、う蝕に罹患する患者を隔離することはありません。
しかし、専門的な知識が必要なその予防、だれがリードするのでしょうか?もう国は歯科関連の予防を推し進める気がないのでしょうか?現在の国の政策の中であまりにも歯科の予防に関する事業の少なさを見る時感じます。
Commented by 累卵 at 2007-01-27 15:09 x
2006年6月22日の日歯定例会見では「国民へのアピール推進チーム」を設置して、歯科領域のあらゆる情報が入手できるホームページを立ち上げると発表しています。HPで歯科疾患における予防の大切さを国民に伝えるものと期待しておりましたが、半年経っても実施されておりません。
同日の定例会見では、「IT化推進委員会」は、日歯と都道府県歯のネットワーク化や情報の共有化を図るとともに,日歯自体のIT化を推進する。今年中に案を策定し,来年からの実行を目指す━とありますが、実行されそうもありません。
同じく「歯科保健・医療ビジョン検討チーム」は、わが国の歯科保健・医療の在るべき姿を具体的に示す。今年の10月ごろまでに骨格を作る━とあります。 
また、「研究機関設立準備委員会」は、今秋~年末までには研究機関を設置する━です。
 
昨日の安倍首相の施政方針演説では、医療や介護については政策の重点を予防に移すとあります。
歯科医療・保健について、今、日歯が行うべきことは、抽象的な表現ではなく、実行可能な具体策と先を見据えた戦略を早急に国民や会員に明示し、国民や会員の意見を取り入れ、実行することではないでしょうか。
Commented by 赤心 at 2007-01-28 21:34 x
日歯には大胆な戦略と有言実行を望みます。
吉田松陰の言をご参考に!
「悔いるよりも、今日直ちに決意して、仕事を始め技術をためすべきである」
「貴ぶところは徳であって才ではなく、行動であって学識ではない」
「末の世において道義を実践したならば、必ずその時の人々から、極端だといわれるであろう。しかし、極端だといわれるくらいでなければ、決して道義ではないのであって、すなわち世俗に同調したにすぎない」
Commented by no name at 2007-01-29 00:05 x
最近のレセプトオンライン化に対する後ろ向き発言が気になります。オンライン化難民を出さない最善の方法を取る事が日歯の務めだと思うのですがネ。日歯謹製のレセコンソフトを作る事、標準マスターだけでなく、プラットホーム自体も統一されたものにする事は選挙公約でもあったのではないでしょうか?
by kura0412 | 2007-01-26 15:20 | 歯科 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412