人数が足りなかったら

東京都が後期研修医に給与補助を出すとの報道がありました。もちろん医師確保の策の一つです。
同じような議論で、先日、話題になっている市町村が学校の教師の人事権を掌ることになったら、先生方が市町村を選ぶポイントは何かという議論をした時に出た結論は、やはり給料の額ということになりました。

つまり人数が足らなければ、財政もへったくりもありません。
極端な話、絶対数が足りなければ売り手の言い値で決まってしまうことすらあるはずです。

歯科だって同じです。
もし、歯科医師が絶対数が不足していれば、改定はもちろんのこと、歯科医師が主導で考えるかなり良い歯科医療制度に改正されていたに違いありません。
しかし、今となっては夢物語です。現実を受けて止めて対応するしかありません。
by kura0412 | 2007-01-24 15:19 | 歯科 | Comments(0)