忘年会と本音

昨日は地元の教育行政に携わる人たちとの忘年会でした。
この地域特有の大きな課題にも目処が立ち、また、これだけ教育問題が騒がれている中、何とか1年間大きなトラブルも発生せず無事終えそうという皆の安堵感で、結構楽しい宴席となりました。
とは言うものの、一日一日が勝負が現在の教育行政の現状です。
丁度地方行政では、来年度概算予算の真っ只中で、翌日の仕事もそれぞれあり、一次会で殆どが帰宅したようです。
私も午前の診療を終えて、これから会議の為上京です。予定では新幹線の中で改正された教育基本法の勉強をしようと考えていましたが、呑み過ぎて寝そうです。
教育基本法改正でこれからいろいろな課題が新たに生まれてきますが、教育の場の実際は、あまりのも課題が多すぎて、それどころではないのが本音です。
by kura0412 | 2006-12-20 11:46 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412