高コストの是正?

昨日の経済財政諮問会議で「社会保障は医療や介護の高コスト体質を是正するため、新たに五ヵ年計画を今年度中に策定する方針を決めた。」との今朝の朝刊での報道です。

高コストの是正?
Commented by 千葉県 池田 at 2006-11-11 12:46 x
諮問会議を動かしているのはいまだに影にある竹中会議です。前の民間議員もそのまま政府税調に移行しましたし、もぞもぞと動き出したようですね。心臓移植にまで莫大な保険点数のついた医科があるので、なんともいえませんが、「高コストの是正」・・竹中~太田のキャンペーンワードです。国民はこの言葉でまた、だまされてしまいます。
平成20年になると25年ぶりに新しい制度がはじまりますね。3本の柱として、高齢者医療制度、保険者の再編統合、予防重視型システムと医療費適正化があげられましたが、来年度はその次の段階に進み、諮問会議のもくろむ医療制度の法制化です。さまざまな医療に関する法案が矢継ぎ早に出されてきます。いまの時点で情報をつかんでいなければ、もう対応はむずかしいですね。われわれは、官僚に代わる新たな利権組織を相手にしなければならなくなります。
Commented by 累卵 at 2006-11-11 13:09 x
民間議員の提言は、国民の負担増や給付削減など政府が保障すべき範囲の縮小に取り組む前に、供給におけるコスト削減の努力が重要として、医療・介護サービスの「高コスト構造是正プログラム」が必要との内容です。
医療分野では、例えば次のような施策が必要ではないかと提言しています。
・包括払いを原則とする診療報酬体系の見直し
・レセプトオンライン化、電子カルテ化などのIT化の徹底と医療の標準化に向けたデータ整備
・重複、不要検査の是正や後発医薬品の使用促進
・公立病院の高コスト構造是正
・社会的入院の解消
Commented by 累卵 at 2006-11-11 13:11 x
 更なる歯科医療費削減を防ぐためにも、IT化など医科以上に積極的に取り組むべきです。残念ながら、現在は医科の方がIT化は数段進んでいます。(病院は電子カルテなどIT化されており、そこで研修・勤務した医師は開業してもIT化です。)
 包括化も、細かな規制をなくすという点では、一考に価すると思います。又、重複・不要検査も医療の標準化や包括化で是正可能です。
 後発医薬品の使用促進はコスト削減のために積極的に行うべきです。
 医科は薬を手放しても以前以上の収入があります。歯科もドイツのように技工料の請求を歯科技工士に任せることで歯科技工士の生活の安定を図り、補綴・修復に頼らない本来あるべき歯科医療の進むべき方向に活路を見出しては如何でしょうか。
 当面、歯科医療費削減を防ぐには、政治力よりも医科や薬剤医療費の削減が必要です。日歯の叡智に期待しましょう。
Commented by G3 at 2006-11-19 11:56 x
高コストと言われてもねえ。 技工料金などは単価原価で見たらとんでもなく安くなっています。 保険点数全額を頂戴しても元から原価割れです。
そういうところをきちっと歯科医師会と歯科技工士会が協力して点数アップに動いてこなかった事も、足元を見られる理由かもしれません。
みな歯科でも話題になっていますが、「拒否できない日本」文春新書関岡英之薯の一読をお勧めします。
日本の構造改革や経済政策は完全に米国の言いなりです。 社会保障費へのしわ寄せも当然関わってきています。 米国大使館のHPにある年次改革要望書にははっきりと中医協での米国の発言力を強めると書いてありますよ。 すべてが米国とその企業の市場参入や利益確保の為の動きですよ。
by kura0412 | 2006-11-11 10:33 | 歯科 | Comments(4)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412