共通のキーワードは「熱い」

先週の土曜日は、新潟で開催された東海信越役員協議会に出席されてた、日頃親しくさせてもらっている先生方とお会いしてきました。
私が同時刻に隣の会場で別の会に出席しなければいけなかったので、もっとじっくりとお話できなかったのが残念でしたが、こうゆう機会でもなければなかなか会うチャンスのない方々でしたので、まずは新潟でお会いできたことでヨシだと思っています。そして語り合うことの少ない歯科界で、小さな輪ながら、新潟の地で語り合う場が提供できたこと良かったと思っています。
そしてお会いした何人かのそれぞれの先生に共通して感じたのが「熱い」ことです。
本当に歯科界の現状を憂い、自分の関知するエリア、また日本の歯科界全体を見据えて、活動されておられること、お話したいる隅々で感じました。
これはこのブログを読まれている先生方とも共通することで、心ある先生方は、この混迷する歯科の医療環境を何とかしたいと考えていることを改めて感じました。
その熱い思いをどう具現化するか?冷めないようにどんな手段を使うのか?
それがこれからの日本の歯科界の早急な課題のようです。
by kura0412 | 2006-10-24 08:08 | 歯科 | Comments(0)