救いは子供たちの元気に歩く笑顔

昨日は、地震の被害から2年経とうとしている現在でも、未だ仮校舎の小千谷市内のある小学校を訪問してきました。
現在の仮校舎はグランドに併設されているスポーツ施設を借りて使用しています。その仮校舎でも、地震の被害でひび割れた周囲の敷地の改修工事が急ピッチで進められていました。
二年経過しても復興はまだ道半ば、その印象を改めて感じました。唯一つだけ救いだったのが、片道30分以上かかる帰路を元気に歩く子供たちの笑顔でした。
by kura0412 | 2006-10-05 10:36 | 地震 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412