順当な結果

予想通り安倍晋三氏自民党総裁に選ばれました。その票数は意外と伸びませんでしたが、選挙当初から断然優勢が伝えられ、また、タカ派的名な発言をマスコミが浮き出せば目減りがあるのは当然で、これは順当な結果とも考えられます。
またこの結果は、派閥支持では圧倒的であっても、もはや全国の党員も投票権があり、また、脱派閥化した自民党の総裁選挙も、派閥の倫理だけでは決められなくなっていることも映し出しています。
これで初の戦後生まれの総裁、総理の誕生です。政治の世界はこれで間違いなくスピードを増して変化してきます。また、そうでなければ選挙には勝てません。
まずどんな人事を断行するか?そして対民主党小沢党首との対決がどんな結果、国民のイメージを植え付けるか?
ここがまず最初の安倍政権の試金石となり、次期参議院選挙へ大きな影響を及ぼします。
by kura0412 | 2006-09-20 15:25 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412