需給問題に対して両大臣が確認事項に合意する

一昨日、小坂文科大臣と川崎厚労大臣との間に歯科医師の需給問題に関連して下記の確認事項に合意が成されたとの報道です。

歯科医師については、以下のとおり、養成数の削減等に一層取り組む。
⑴歯学部定員については、各大学に対して更に一層の定員減を要請する。
⑵歯科医師国家試験の合格基準を引き上げる。

いろいろと議論が沸いてくるかもしれませんが、これに関係する両大臣が公式に合意したことはこの問題の一歩前進と考えてもいいようです。
by kura0412 | 2006-09-02 12:06 | 歯科 | Comments(0)