意外なところから崩れかけてきた白い巨塔

医学部では臨床研修制度導入を機に大学病院離れが進み、大学の講座制によるピラミッド体制が崩れると共に、地方病院への派遣が出来なくなってきているとのいろいろな報道があります。
その為に大学側から研修医制度の見直しに提案がなされたとの今朝の報道です。

教授を頂点としてのプラミッド体制、ドラマ白い巨塔の題材にもなったこの体制がもろくも崩れかけてきているようです。
その是正は難しいだろうと思われたこの体制が、その意図なく、別な制度の変更で一気に変わることとなったところをみると、歯科におけるいろいろな改革も、全く違った視点で取り組むこともプラスに作用するかもしれません。
それと忘れてはならないのは現代の若者の考え方の変化です。それに関しては会務を携わっている先生方が実感しているはずです。
by kura0412 | 2006-07-21 16:54 | 歯科 | Comments(0)