どうその影響が及んでくるでしょうか?

今日の日経の一面は凄いですね。
社保庁監査の改革前倒しのトップ見出しの横に、大手生保、8年ぶり増収、医療・がんなど堅調とあります。
まるで社保庁が駄目だから公的保険は頼りにならず、医療は民間保険にすれば経済が活性化する。
最近の私は、こんな解釈する、かなりひねくれ者になっています。

しかし、あまり好きなことを言うといじめられる恐れがありますが、社保庁は酷すぎますね。
数人の職員が不祥事を起こしたかどうかのレベルではありません。26都府県で115000件もの年金不正免除を組織的に実施していました。
この問題は、年金問題だからと静観することも出来ません。社保庁全体の組織的問題ですから、われわれにも何がしかの影響が及んでくるはずです。
フ~
その社保庁にも歯科医師は指導、監査を受けているんです。
by kura0412 | 2006-05-30 12:07 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412