自民党対民主党の構図の中で

昨日寄せていただいた先生方のコメントにもあるように、民主党桜井参議院議員が、自らアンケート活動を実施し、それを持っての国会質問には本当に敬服します。このスピードが大切なのです。予てから桜井議員の歯科界に対する造詣の深さ、その支援は素晴らしいものがあります。是非、日歯連盟もこの活動をおおいに参考にするべきだし、これだけの活動をすれば、けっして会員は連盟を見捨てるようなことはしない、いいお手本だろうと思います。
一方、昨日参議院選挙の自民党の第一次公認発表があり、日歯連盟から推薦された石井みどり氏もその中に入ることが出来ました。
これである意味、日歯連盟は自民党から公式に一連の事件の結果を伏せた免罪符を受けたこととなりました。
となると、選挙となれば、昨日の党首討論のように対立関係となる自民党と民主党です。今後、その当事者になると、いろいろな施策の政治的扱いは非情に難しいものとなります。(これはどう表現して先生方に理解してもらえるか私自身よく分かりませんが?)
この政党を意識しての政治活動は、本当の意味での政治力、政治的センスが日歯連盟に問われている課題です。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-05-18 18:00 x
鞍立先生、ここで一度整理が必要ですね。
経済財政諮問会議と民間開放会議が言っていたのは医療は産業として発展してもらえるように規制を解くんだという方向。厚労省は指導管理のもとで医療はあるべきだということのように見えますね。この関係を巧みに利用して、医療界の城壁を壊していったのが小泉・竹中政策だといえます。
少子高齢化と国の莫大な負債を理由に痛みだけを押し付けてきています。将来はこうなるからという説明は一切ありません。ただ壊されているだけだから、怒りがこみあげてくるのです。将来は歯科医師不足になるのかもしれません。一番こわいのは、小泉さんがいなくなったあと、市場で荒れた医療界に質を求めても意味がなくなることです。秩序がまったく機能しなくなるでしょう。まとめていた日本歯科医師会の組織率が落ちてしまってきているからです。さらに歯科医師を目指す学生が不足する事態です。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-05-18 18:00 x
その頃は歯科治療はサービス業として自費の形成美容でしかうけられなくなるのかもしれません。
そうさせたのは、小泉・竹中政策として、史上に残る悪政と教科書にあるのかもしれません。なぜ、医療の将来像を語らないでいじるのでしょうか?人の生活の基本的なものという認識はないんでしょうね。医療費は消費税でと言っても誰も反対はできないとおもうんですが・・。
Commented by kura0412 at 2006-05-19 15:50
この現実の引かれた小泉路線にどう取り組むか?
徹底的に対抗するか?
この路線をある程度甘受するか?
その選択の決断が今だと思います。
by kura0412 | 2006-05-18 12:20 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412