競馬場の放送スタジオ見学

昨日は、知人の地方アナウンサーに紹介してもらい、新潟競馬場のテレビ放送スタジオを、競馬好きの息子と見学に行ってきました。
夏競馬で、あの井崎修五郎氏が出てくる椅子に座ったり、丁度ゲスト出演で新潟に来ていた鈴木淑子さんと一緒に写真を撮らせてもらったり、競馬そっちのけで楽しむことが出来ました。
息子が驚いていたのは、実況中継するアナウンサーは各レースの馬名は全部覚えて、双眼鏡をのぞきっぱなしで中継していること。中継スタジオは締め切った部屋の中で撮影しているのではなく、ガラスドア一枚で仕切られる競馬場が直視できる部屋で行っていること。そして、マスコミ関係者しか入れないフロアーながら、しっかりと馬券が買える販売機がフロアーに設置してあること。この三点でした。
よく、見るものと聞くものは大違いといいますが、現場を、特に裏側を見る、また見れたというのは、同じテレビ画面を見るのでも全然違ってきます。少しこじつけになりますが、何事においても実際の現場を見る。これは物凄く大切なことです。

馬券の方は、しっかりと見学料を払ってきました。
by kura0412 | 2006-05-15 15:08 | スポーツ | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412