新聞クイント124号「萬人一語」

日歯会員の変革に対する強い願望が今回の会長選挙結果を導いたといっても過言ではない。
この結果はまず、一昨年に起きた一連の事件に対しての会員の強い意志を社会に示した。そして、現在の医療経営環境への危機感をも示している。選挙人が増え、一般会員の声が反映されやすくなった今回の選挙制度のもとでは、従来の学閥を中心とした選挙戦は大きく変化した。だからこそ会員の生の声を映し出す一票一票が積み重なり、予想を超える大差で大久保氏が現職の井堂氏を破る結果になったのである。
しかし、新たなリーダーとなる大久保氏を待ち受けるハードルはあまりにも多く、高い。大久保氏がいかに独創的な発想をもち、強力なリーダーシップをもってこの難局に立ち向かったとしても、そのハードルを越すことは難しく、厳しい現状がある。
これを克服するためには日歯全体が一枚岩となり、歯科医療によって日本社会にいかに貢献できるかを真剣に考えていかなければならない。将来に向けた大きな展望をすべての会員が描き、それを国民に提示し、一歩一歩進んでいくこと。これしか方策は残されていないのである。
日本の歯科界は変わらなければならない。会員は、変わるために大久保氏を新会長に選んだのである。
Commented by まりママ at 2006-04-04 23:53 x
先生のおっしゃるとおりかと思います。
会員一人一人がしっかりビジョンを持って声をあげていくべきですが、それをしっかりまとめ、効果的に現場の声として、反映させていくのは日歯の役目だと思います。
「ミラー片手に歯科医師の本音」にも深く共感いたしました。
Commented by kura0412 at 2006-04-05 08:38
こんな状況の時こそ、一人一人の歯科医師が気概をもって立ち向かわなければいけないのだと思います。
今後もご意見書き込んでください。
by kura0412 | 2006-04-04 15:31 | 歯科 | Comments(2)