読売新聞からー余計ではなく不足していますー

3月22日読売新聞の特集に、今回の改定での変更点ついての特集(架空の人物での問答形式)が掲載されていました。http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/change/20060322ik05.htm

今までも「かかりつけ歯科医初診療」(記事での記載)を取らないこと診療所の受付の写真が載っているのも気になりましたが、私はそれよりも、記事の最後にあった明細な領収書発行に対しての「余計な医療費を払っていないかどうかもチエックできる」この言葉が非常に気にかかりました。
この言葉を裏返せば、余計ですから、これは現行の医療保険での点数は十分な評価をしている設定であるという前提での話です。しかし、実際はどうでしょうか?歯科においては、余計どころか、全て足らない、とても採算ベースにすらなっていないのが現状です。
これをみると、私は、この部分の前提の誤解、歯科の医療保険での評価の実際を、しっかりと本音で伝える時期が来ている。また、それを伝える課程を踏まずして、国民の理解は得られないと思うのです。
確かに、患者サイドから立てば、安いの越したことはありません。しかし、安かろう悪かろうは医療には通じないことも国民は理解を示してくれるはずです。
しかし、この記事で笑うのは、読売新聞のHPで検索したら、この記事の下にインプラントをPRする診療所の広告のバーナーが2件載っていました。規制緩和されても、こんな広告認められていましたか?
Commented by G3 at 2006-03-29 21:29 x
取引先の歯科医院で院内ラボがあって歯科技工士が常駐している所はありません。
義歯であれクラウンブリッジでも、無調整で済むならそれに越した事はありませんが、大抵は何らかの調整が必要でしょう。 何が言いたいのかといえば、調整後の研磨がきちんと行われていない義歯やクラウンブリッジを見かけることが多いからです。
チェアサイドでの研磨やラボに戻しての研磨がちゃんと評価されるのであれば、鑢のようなざらついた表面やとがったままの角を持つ義歯やクラウンブリッジを口腔内に入れて当然と思う歯科医師も減るのではないでしょうか。 何故先生は最終研磨もしていないものを患者さんにセットしいていて平気でいられるのかなと思っていますが、チェアサイドでの研磨調整が煩雑と言う事もあるでしょうが、保険点数で評価されない事も歯科医師のやる気を殺いでいるのかとも思えるようになってきました。 私どもは綺麗に磨いた状態で歯科医院に納品しています。 最終セットも同じ状態になるように願いたいものです。 ラボに一旦戻す事も含めてぜひ点数として評価してもらいたいですね。
by kura0412 | 2006-03-29 09:10 | 歯科 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412