改定後のイメージ

ある業界誌に掲載されていた「いかに保険点数の減少に対応するのか」という表題での経営相談の記事を読みました、4月の改定実施前に、こんな記事が載ること自体、今回の改定の行くへを案じている証でもあります。
そして、その対応策として、診療収入の増加策、経費削減策、節税対策を挙げ、実質的な資金増加を図ることを提唱しています。
しかし、残念ながら、問題、課題の整理としては大いに参考になりますが、指摘している方策の殆どの先生が、既に実施していることの繰り返しであり、有効策とは考えずらい内容です。それくらい、今回のマイナス改定の及ぼす影響は大きなものになります。そしてそこに示されていた05年診療報酬4000万円として試算した収支差額は、マイナス1.5%として計算しても34万円の減少となっています。
となると、予測される1.5%をはるかに上回るだろう今回の改定の結果は、相当なダメージになることが必至です。この改定後のイメージは現場にいる先生方しか分からないと思います。かなり深刻です。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-03-15 16:01 x
「フェイズ3」という雑誌に中医協の勝村さんが「今月の人」で取り上げられて語っています。レセプト並みの明細が分かる領収書の発行を中医協の場で強く訴えたそうです。トヨタ記念病院や枚方市民病院を例に挙げて手間も費用もかからないことを証明してきたそうです。
彼の頭には歯科はありません。医科と同じに歯科が考えられたら、歯科は法人につぶされていきます。先日私が勝村さんに質問したところ、平成8年から歯科医療費は伸びていないのは、皆さんの努力の賜物だと答えられました。これは1割が2割になったことで、歯科のかかり控えが原因だとおもいますが、歯科のことは全然分からない様子でした。これは歯科にプロの広報がいないことから起きることです。日歯にプロの広報がやはり必要です。自民党の世耕さんのような・・・
Commented by kura0412 at 2006-03-17 11:44
今回、日歯の広報担当の常務が小まめにマスコミを廻っていただいた効果で、相当、マスコミからの取材が多っくなったと聞いています。直ぐに大きな結果とはいきませんが、こうゆう積み重を戦略的に進める必要は、当然あると思います。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-03-17 12:59 x
私の大学時代の剣道部の大先輩です。広報に抜擢されてから、先輩らしい人間性が出てきたと思います。これからが期待できるところですが、短いですよねえ。
Commented by kura0412 at 2006-03-17 15:33
そうですか。私も日歯の委員会では大変お世話になっています。
by kura0412 | 2006-03-15 10:36 | 歯科 | Comments(4)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412