次期参議院職域代表候補決まる

日歯連盟から職域代表候補として、次期参議院比例区に石井みどり先生(現日歯常務理事、鶴見大卒、広島県)が昨日の選考委員会で決定されました。
この選考委員会前には、中原議員が大久保氏、石井先生は井堂氏を推すということで、一部では大久保氏と中原氏との間に密約があったとの噂まで流れ、日歯会長選挙の結果を受け、その動向が、日歯会長選挙と並び注目を浴びていました。
しかし、そんな噂も関係なく、石井先生に決定され、このことでまた日歯内部に不協和音が生まれる火種は消えました。
この決定に至った最大の理由は「選挙に勝つ候補の選択」ここに尽きます。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-02-04 12:36 x
石井常務は歯科医師会のイメージアップにはいいかもしれませんね。青木参議は中原氏に対して「票の取れなかったこの人」という言い方をしていましたし、それに文句のいえない私たちはもっと馬鹿にされていましたね。ただ、政治の場では「今度は女性か・・」となるのが常なので、石井氏には頑張ってほしいですね。でも、いま一番欲しいのは、民主党の桜井充参議のようなバイタリティーあふれた若い熱血漢だと思います。医療は産業とは別にあるべきだと思います。ライブドアによって、市場化が直には行かなくなっていますので、いまがチャンスです。歯科の存在感を訴えても、市民には受け入れられると思いますよ。
Commented by kura0412 at 2006-02-04 14:52
石井先生は勝つ候補としては、名前が出る前から私自身のリストには入っていた候補者の一人でした。
今後は誰が手綱を取るかが1番のポイントです。
Commented by 千葉県 at 2006-02-04 15:23 x
鞍立先生はもうご存知だとは思いますが、自民党参議院の世耕弘成さんが著した「プロフェッショナル広報戦略」という本(ゴマブックス)に2,005年衆院選で小泉自民を圧勝へ導いた戦略チームの全貌がかかれています。この世耕氏はNTTの広報にいたため、小泉さんにプロの広報がついたことになります。以前にも書きましたが、日歯にもいま必要なのはプロの広報です。市民を味方にして立て直すならば、絶対に必要な部門だと思います。金が高いなどと言ってる場合ではないと思うのですが・・・。
Commented by 千葉県 池田 at 2006-02-04 15:25 x
すいません、名前が中途半端にはいりました。失礼しました。↑
Commented by kura0412 at 2006-02-06 12:12
世耕議員の著書、私も読みました。
感じたのは、その戦略もさることながら、その構想の実行を許すトップの資質も大きなポイントだと感じました。
大抵は、実現の途中でいろいろ問題が生じてくるのが常です。それを小泉首相、武部幹事長は許した。(逆に、それ位凄い戦略だったのかもしれませんが)ここは大きいです。
by kura0412 | 2006-02-03 12:18 | 歯科 | Comments(5)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412