日歯会長選挙の予想

日歯会長選挙の締め切りまであと一週間を切り、いよいよラストスパートの段階になってきました。
現状での予想が、あちらこちらから聞こえてきますが、事前の聞き取り調査をしているわけでもなく、また、選挙運動の現場を見ているわけではありませんから、その信憑性は疑ってみておき、結果をみて、その予想が正しかったのか否かを判断するしかありません。
また、今回の選挙の特徴である、選挙人の数が多くなったことが、今までの代議員での選挙とは全く選挙運動も異にし、その為に各陣営の票読みも予測も難しいようです。これも、結果を見て、それぞれの陣営の選挙運動の良し悪しを判断するしかありません。
ということで、タイトルで期待していた先生方には申し訳ありませんが、無責任なことはいえませんので、現時点での私の予想は?です。
ただ私でも一つだけ予測できることがあります。それは、今回の会長選挙は、今までとは比べようがないほどその結果を社会が注視していることです。
by kura0412 | 2006-01-25 12:27 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412