小千谷でバスケットの公式戦開催

昨日、一昨日と小千谷市でbjリーグ・新潟アルビレックスのバスケットの試合が行われ観戦に行ってきました。
今回会場となった小千谷市総合体育館は、震災の時、最も被災民が集まった避難所であり、当時ニュースに連日放送された場所です。そして、今回が、小千谷市において全ての競技において、地震発生後、全国規模の公式戦が初めての開催でした、
この大雪もアリ、観衆がどの程度集まるのか心配でしたが、熱心なバスケフアンが県内内外から集ってもらい、連日満員で無事終えることが出来ました。
しかし、その集まった人たちを見ると、ミニバスをやっている子供、その保護者だどが殆どで、あれだけ市内にポスターを張り巡らせ、市のバックアップをもらいながらも、一般の市民の参加が少なかったのが印象に残りました。
恐らくその理由は、チケット代を節約するということではなく、時間的にも、精神的にも、この大雪が、まだ楽しむという余裕を持たせてくれないのかもしれません。
しかし、試合の結果は、私が応援する新潟アルビレックスが連勝し、これで11連勝と、私には気持ちの余裕を与えてくれる結果となりました。
by kura0412 | 2006-01-16 11:35 | スポーツ | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412